低リスクで始める
手残りの多いクリニック運営 
ミニマムクリニック×WEB集患 コンサルティング受付
クリニック運営

特別措置法26条を意識したクリニック作り

医師および歯科医師が開業し金銭的に豊かになりたい場合、2つの成功パターンがあります。

そのうちの一つが、特別措置法26条を意識したクリニック作りです。

開業時の2つの成功パターン

①大きく稼ぐスタイル

②特別措置法26条を使うスタイル

①大きく稼ぐスタイルは、クリニックの収益を最大化させ、稼いでいくスタイルです。

一方、

②特別措置法26条を使うスタイル は、収益の最大効率化を目指し稼いでいくスタイルです。

収益の最大効率化ー特別措置法26条とは

社会保険診療報酬の金額必要経費に算入する金額
2,500万円以下収入金額×72%
2,500万円を超え3,000万円以下収入金額×70%+50万円
3,000万円を超え4,000万円以下収入金額×62%+290万円
4,000万円を超え5,000万円以下収入金額×57%+490万円

特別措置法26条とは、5000万円以下の社会保険収入の場合、上記の金額が「概算経費」と呼ばれる経費として計上できます。

例えば売り上げ3000万とすると、2150万円は経費として使用したと見做すことができます。